読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学一、二年生のとき

大学
自分語りもようやく大学編。たいして中身はないですが、各エントリーにどこか1文でも参考にしていただけるところがあれば幸いです。

さて、大学についてです。まず、自分は高校受験に失敗しました。人生初の挫折ですね。
それで大学受験だけは第一志望に行きたいと思い、高校二年の夏から英国政経の三教科に絞って猛勉強しました。

その甲斐あってか、第一志望だった早稲田大学教育学部英語英文学科に進学しました。高校時代の猛勉強の反動からか、大学に進学してからの約半年はとにかくだらけていました。サークルやら塾のアルバイトで充実していましたが、同じ学科の帰国子女の英語を聞いてはかなりの劣等感を感じていました。

いわゆる純ジャパであり、留学経験ゼロで筆記試験しかできなかったから。といっても、かなりゆるい学科なので、英語ができなくても卒業はまったく問題ありませんでしたが(笑)

そこで大学1年の夏休みからTOEICの勉強をはじめてみました。大学受験後、ちゃんと勉強していなかったので、そもそもどう英語の勉強をすればいいのかわからず、とにかく問題を解いていました。

解く→答え合わせ→未知単語調べ&文法構文把握→ながらリスニング

というループでやっていました。ただ、二回目を解くということができない性格なので、最後はとにかくすべてながらリスニングでした。初回のTOEICは10月に受け650点でしたので、大学1年にしてはまずまずだったのかな?

今年5月には二年ぶりのTOEIC受験を予定しているので、4月から少し問題集をやる予定です。あまり問題集をやるつもりはありませんが、今考えている流れは以下の通りです。

解く→答え合わせ→未知単語調べ&文法構文把握→ディクテーション&シャドーイング

詳細は省きますが、ここ最近にはもっぱらシャドーイングが自分のメインの学習スタイルです。なかなか机で勉強できませんので、通勤中の電車や徒歩の時間などを使っています

その後もいまいちな学習法でちびちびやっていましたが、二年になってから漠然と焦りはじめました。「えっ、ワセダの英文科卒なのに英語できないの?」となるのが目に見えていたので、なんとかせねばと(笑)

ということで、ここからとりあえずTOEICと英検(準一級)の勉強スタート!
次は大学三、四年の話ですね。ただずっと語られていも意味わからんと思うので、そろそろ映画なり書籍のレビューも少しずつ書いていきたいと思います。あくまで自分のアウトプット用ですが。