読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校時代

中学校とは違って、授業はすべて講義形式でした。高校一、二年のときは、英語リーディングでは教科書の和訳が予習であり、授業ではその確認。リーディング以外はまったく触れていませんでした。いわゆる文法訳読法といった形態ですね。先生が定年間近だったからかな?

高校三年になっても、やはりリスニングやスピーキング活動はまったくなく、ひたすら英文解釈とネクステージのような文法問題を解く受験対策がメイン。受験しない人や英語が嫌いな人には苦痛以外の何ものでもない授業でしたね。

それでもぼくは好きでした。中学のころとは違う楽しみかたで。高校では英文解釈をパズルのように解いていくことにハマってたんですよね。この感覚には賛否両論あると思います。言葉がパズルなんてとんでもない!とか。最終的には個人の目的や目標に合わせて英語に触れるのみなので、他の人のやり方にケチをつけるつもりはないので。

ただ、いまにして思えば文章の内容もろくにわかっていないのに、構造把握して意味不明な日本語をつくって満足していました。ここは反省点であり、今後の学習などに生かしていきたい部分です。

英文解釈は、英語が大好きでやっているのならいいですが、あまり英語が好きじゃないけど勉強せざるをえないからやっている、といった人はあまりやらないほうがいいアプローチですね。必要最低限、できるようになったあとは多読などに進むべきでしょう。

参考までに、当時もっともお世話になった学習参考書を一冊あげます。
システム英単語
ミニマルフレーズで覚えるため、単なる単語リストよりもはるかに覚えやすく、スピーキングとライティングにも応用できるものです。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)


いま振り返ると、自分の大学受験はもっとこうすべきだったなということがいくつかあります。

高校時代にもっとも改善すべきであった点は、とにかくinputの量が少なかったということです。これは多くの学習者にも当てはまることだと思います。
あくまでぼくの生徒に薦めている参考書ですが、速読英熟語はいいですね。
熟語を学ぶというよりも多読用でだり、もしCDも買えるのであればシャドーイング材料として、使用するように指導しています。

速読英熟語

速読英熟語