TOEFL結果発表!

2/10に受けたTOEFLの結果が、昨日の夜にようやく出ました!




ちなみに自分が設定した目標は

R26 L26 S23 W25 = 100

という感じだったので、R以外は壊滅的!(笑)

スピーキングはいけたと思ったんだけどなぁ。思ったよりもライティングも低いし。。。



とりあえず、直後に振り返ったことは


もう一度教本でシャドーイングとかやってみて、


TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

  • 作者: ポール・ワーデン,四軒家忍,英語便
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


そしてこちらに移っていきたい!


CD3枚 赤チェックシート付 頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略

CD3枚 赤チェックシート付 頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略



リベンジは秋頃かな!

TOEFL 完全教本

先日、初TOEFLを受けてきたので、それをもとにいくつかの参考書について書こうかなと思います。

まずはTOEFLってどんな試験なの?という完全初心者レベルだったので、全パートをカバーしている本を探しました。そこで手に取ったのは、ポール・ワーデンさんと四軒家先生のTOEFL完全教本!!


TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

  • 作者: ポール・ワーデン,四軒家忍,英語便
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


ポールワーデンさんは以前、TOEICの参考書でお世話になりましたが、TOEFL対策本も出されていたんですね。全然知らなかった。てか対策本出しすぎでしょ(笑)


そしてTOEFL対策をしている方々には、四軒家先生の名前は常識ですよね??

四軒家先生はブログをやっており、記事は毎回コンパクトながら、TOEFLあるいは英語学習において大切なことを教えてくれます。TOEFL受験者だけでなく、幅広く英語学習者の方には訪れてほしいブログです!ぼくもTOEFLについて参考にしましたが、それ以前に英語学習全般のことも学んでいました!


さて、それでは今回の完全教本についてです。


構成としては、
『各パートの概略』→『攻略法』→『実際の問題』→『問題演習』という流れです。


まず概略の部分でよかったのは、画面についてのコメントがあった点です。
TOEFL完全初心者のぼくには、なかなか画面でReading問題をやるイメージがわかず、なおかつ操作方法などにも不安がありました。Readingではいつでも前に戻ったりできる、reviewですべて確認できるなどは、試験前に知らなければ、当日わからなかったと思います。その場で「なんだこれ?押してみよ」なんていうことも時間の制約上難しいので。逆に、Listeningでは後戻りができないという重要なこともここで知りました(汗)


ちなみにこの教本をやり、直後にTOEFL iBTを受けた感想としては、本番よりも全体的にやや簡単なのではないでしょうかね?


各セクションに分けて簡単に見ていきたいと思います。

Readingセクションでは、まず本番同様3つの問題に取り組みます。初心者の人はおそらく量に面食らいます。ただ、比較的読みやすいトピックかな?長文の解説に語彙リストがついているのはとても助かります。わざわざ色々調べなくて済みますからね。ただ少し字が小さく、人によっては見えにくいのではないかと思われます。

ぼくが本番で困ってしまった点は、長文の最後に出てくる要約問題です要約問題の選択肢の長さが全然違います。(汗)なので、こちらの教本でTOEFL対策をする場合にはそこを気をつけてください。ぼくはリーディングがもっとも得意(一度IELTS R9.0ゲット!)で、教本もよくできてました。しかし、本番の要約問題はどれもまったく自信がありません。。。教本ではメインアイディアやディテール、例、本文に不一致と言われれば納得して自信をもってできたのに。。。ちなみに最後の問題演習編にはあまり解説がないということも、初心者の方にはハードルになりそうですね。


リスニング
こちらも実際の試験よりも少し簡単に設定してあるものかと思います。各パッセージに時間制限があるとは知らなかった!そもそもリスニングの解答に自分がどれくらいの時間がかかるのかもわからなかったので、本番はとりあえずどんどん解答していきましたが、かなり時間ギリギリでした。問題演習の際には、自分で時間の管理をしたほうがいいかもしれないですね。

解答後、該当箇所をディクテーションやシャドーイング練習するように指示があったのもいい点だと思います。1文レベルでしっかり聞き取れる、retentionできるかが重要ですからね。


スピーキング
ざっくり語数基準がわかるので、逆算して自分の目標点数がつけられるのはよかったです。自分がもっとも苦手とするセクションですが、問われる形は一定のようなので、ある程度の対策をすればけっこー上がるかも?と思えたのもこのセクション!また、うまく話さなくてok、要約はいらない、ストーリーもいらない、重要なことだけ言えば満点、といったアドバイスはとても参考になりました。

ただ、ここで与えられるテンプレはかなりシンプルなため、本当の初心者にのみ有効かな?という感じです。模範解答はポールさんの方はいかにもテンプレって感じがします。初心者はこちらを参考に、慣れてきたら四軒家先生のほうにチャレンジしてみる感じですかね?

ライティング
こちらもスピーキング同様お二人の模範解答がありますが、まずはポールさんの答えを目指しましょう!
ちょっと解説は少なめです。ここでもシンプルなテンプレがあるので、これを活用すればある程度は書けるようになると思います。ただ、これよりも他の四軒家先生のTOEFLライティングの本がものすごく充実していますので、ライティング対策はそちらでしましょう!これを読んで、おのれのライティング力のなさを痛感しました(笑)


新版TOEFL TEST対策iBTライティング

新版TOEFL TEST対策iBTライティング


ただ、TOEFL対策をはじめたばかりの英語初心者がいきなり手を出すには難しいのではないかと思われます。是非とも2, 300 wordsは軽く書けるような人が取り組むと、いいのではないでしょうか。こちらの紹介はまたレビュー出来たらいいなと思います。


個人的な感想ですが、この完全教本は基本的には初心者向けであり、まだまだ公式問題集などに手をつけるには早すぎるといった方にいいのではないでしょうか。他の参考書に手を付けていないので、はっきりとは言えませんが、高校を卒業して、これからTOEFLの勉強したい!という人は一度これでどんな感じなのかを把握するのもいいかもしれませんね!

スクールセクハラ②

引き続き、スクールセクハラを読み進めています。




今回は第2, 3章を簡単に。


第2章は真面目な先生が陥りやすそうな事例です。とても熱心な先生が、母子家庭の子どもに入れ込みすぎてしまい、周りが見えなくなってしまったケースです。


経済的に大変な家庭を支えようとした先生が、どうやって沼にはまっていくのかがよくわかるようになっています。


ついつい生徒のために頑張りすぎてしまう先生には、これは恐ろしい落とし穴かもしれませんね。気づいたら入れ込んでいたってことはどこの学校にもありそう。


今回のケースでは、支援のために子どもと接する時間が増えていけばいくほど、父親のような感覚をもってしまった。そしてそれがエスカレートしていき、デートを重ねることによって、対等な恋愛関係と勘違いしてしまったようです。あくまで権力者である教師と被権力者の生徒では、対等なはずないのに。恋は盲目とはよくいったもんですね。とはいえ、相手は小学生ですが 汗


また、この先生は仕事の多忙化や家庭内不和のストレスもあったようです。言い訳ではないですが、やはり学校内外の働く環境次第で人間はどうにでもなってしまうのかなぁとも感じます。



第3章では、部活における勝利至上主義が招いたわいせつ事案です。 これは特に部活の強豪校にありそうなことですね。


うまくなりたい、試合に勝ちたいと願う部活少女の弱みにつけ込み、そのためにはなんでもできなくてはならないという考えを少しずつ植え付けマインドコントロールをしていく様が恐ろしい。


この先生は飴と鞭?を使うのがうまいんでしょうね。はじめは、試合に勝つための暴力・暴言が行われ、生徒は恐怖のあまり部活を辞めるか服従する。しかし、部活を続けている生徒を怖がらせるだけではなく、辞めた者を貶めるような発言をし、残ったメンバーのほうが優れていると錯覚させていました。


そして次第にエスカレートしていき、三回まわってワンと言え、先生の指をくわえろ、先生の前で服を脱げまで。この教員の汚いところが、少し脱いだところで止めて、「気持ちはよく分かった。死ぬ気で頑張ろう」と抱きしめて優しくするところだ。これっていわゆるDVと同じ構造なんじゃないのかなぁ。どんなにひどいことをされても、あの人は結局私のところに帰ってくる、私がいないとダメなんだってのと、少し似てますよね?


どうやら周囲の教員からの評価は高かったようです。やっぱり部活を全国大会に導く教員は偉いんですかね?うーむ、よくわからん。教員の仕事を勘違いしているようです。


p.208から引用です。
「教師の多くは部活動の指導が何よりの生きがいです。それは、子どもを自分の思い通りにできるからです。試合に勝てば評価されて、自分の立場が良くなる。教科指導では決して得られない満足感を得られます」


これって、内田先生の『ブラック部活動』でも同じことが指摘されていましたね。


ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う


日本の部活動は、もはやかなり不健全なものになっているのかもしれません。学校によってはいじめや体罰、わいせつの温床になっているとさえ言えるのでは?最近話題になるノークラブデーや一斉退庁日などを行うことで、内田先生の言う「総量規制」をしていくことが必要かもしれないですね。


以上、熱心さゆえの転落、部活命の王様先生でした!
人のふり見て我がふり直せ、ですね。こうならないようしないと。

スクールセクハラ

現在、スクールセクハラという本をちびちび読んでいます。たまたまAmazonで見つけて、すぐにポチりました。未成年を相手に仕事をしているので、ぼくも一応読んでおこうと思いまして。



毎年どこかの自治体で、さまざまな理由で懲戒免職になる教諭がいますよね。体罰や窃盗などもありますが、わいせつによるものがやはり一番卑劣なものと感じます。教員の裏切りですよね。

文部科学省のHPに、教育職員の懲戒処分等について というページがありまして、平成23年度のデータが見ることができます。
↓↓↓

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2013/02/21/1331127_05.pdf

データを見ると、加害者は特に年齢に偏りがあるわけではなく、どの年代にもいるんですね。。。おそろしい。。。


こんなのありえないんじゃないの?小説などのフィクションの類では?と思う人は多いと思います。先生がそんなことするはずないって。
ぼくも働き始めるまでは、つまり学生のときには、こんなこと起こるわけないと思ってました。

でも現実は違いました。はじめて働きだしたとき、なんと同僚が生徒に手を出してました。本人曰はく、恋愛関係だったらしいですが。。。その後、当然加害者家族は一家離散、懲戒免職になりましたね。まさかこんな身近で起きるとは思っていませんでした。

今回この本を読んでみたのも、わいせつ行為はどこでも起こり得るものとしてとらえ、それはなぜ起こるのか、そのようなことに遭遇したらどうすればいいのかを考えるためです。


前置きはこの辺にして、とりあえず第1章を読んで思ったことなどをつらつらと。

第1章では、高校2年生のときに担任の先生と無理やりに関係を持たされてしまった女性について語られます。女性はその後は拒食症や過食症、男性不信などに悩まされます。その後教育関係の取材をしていた著者と出会い、新たな人生のため、加害者と直接対決することが描かれています。


もう二度と会いたくないであろう加害者と対峙するのはとてもつらいことだったと思います。ただ、この女性以外の生徒にも同様のことをやっていた教諭を処分することができたのは、被害者をこれ以上増やさないために彼女が立ち上がってくれたからできたこと。声をあげたことで救われた生徒もいたでしょう。過去は変えられないけど、新しいスタートが切れるようになって本当によかった。

今回の教諭は、どうやら学校のわいせつ案件では典型例なようです。
p.12 本文からの引用です。

権力を悪用する危険は常に多くの教師に存在する。だが、私が取材した加害者たちは自分が権力を悪用しているなどとは考えず、権力を持っていることにすら気付いていなかった。それどころか「対等な恋愛関係だと思った」とまで言う。


第1章の男性教諭はまさにこのはしがきの通りの人間です。内申や期末考査の問題をチラつかせ、断ることができなそうな生徒を狙う、卑劣極まる行為です。教育を何だと思っているんですかね。


加害者と対峙したとき、彼は被害者にも非があると述べていました。これって、ネットなどでよく聞く話だけど、他の国ではどうなんでしょうかね?例えば、自衛という意味では、もちろん真夜中に1人で出歩くのは危ないかもしれません。でも、だからと言って被害者が責められる、あるいは加害者から非難されるいわれはないでしょ。


他にも、あんな格好で歩いてたから悪いんだっていう被害者批判もよく耳にしますよね。どう考えても、加害者が悪いに決まっているだろ。。。
今回の教諭も、何度か”誘われていた”と口にし、被害者の非を問う部分も。p.61では、加害者からの”本人はそういうつもりじゃなくても、誘っていると誤解される面はあったよ”とのこと。勝手な誤解して、それを理由に被害者を非難するなんて。。。


また、p.38にあるように、”なぜもっと必死に抵抗しないんだ”といった声もありますよね。まさか死ぬ気で抵抗すれば、十代の女の子でも、大人の男性から逃げられると思うんですかね。


少しまとまりがなくなってきました。というか、もやもやしてきた。この被害者を責める風潮はなんなのか。。。なんでこんなに被害者女性に厳しいんですかね。

とりとめもなく書いてしまいました。男性の方は是非読んでみてほしいと思います。学校の先生だけでなく、塾やクラブチームなどの指導者も含め、考えるべき問題ですからね。

初TOEFL!

さて、TOEFLをはじめて受けてきましたので、そのレポートを。

9:10くらいに受付へ。すでに20人弱の受験者が集まってました。初受験なので、色々と説明を受け、宣誓書をかきかき。

9:45会場に呼ばれる。そこでセキュリティチェックなどを受け、やっとパソコンの前へ。IELTS以上に厳しくてびっくり。水も持って行ってはいけないのはキツイね。

そこからすぐに試験開始!
Rは語彙問題は楽勝。しかし、その他はちょこちょこ怪しい。毎パッセージある要約は、自分が練習してた以上に長い選択肢で、しかもメインアイディアかどうかも判断がつかず 汗。これからは要約部分をしっかり対策します…

Lは3セットをやってすっかり疲れてしまいました。どれだけレクチャーはメモするべきかもよくわからず、多めに書いてましたが、問題を解くときにはあまり参考にならず…

Sではなるべく時間いっぱい、しっかりと話したので、一番苦手な割に、今回は大健闘したと思う 笑

Wも練習していた形式と異なり、三択から選ぶ形式で少し焦りましたね。とりあえず220と280は書きましたが、慣れないキーボードで打つのに時間がかかってしまった。

どれくらいとれてるのかまったく想像もつかないし、期待もしてない(´・ω・`)

とりあえず10日後が楽しみかな。
そしてまた半年くらいした受けようかと思います!

大学入試は一回きり?


このニュースが気になったのでいくつかツイッターでも連投しました。



大学パンフレットをざっと見たところ、受けようと思えばこれだけの受験機会があるわけですね。ということは、安倍さんの話は基本的に私立大学は該当しないようです。となると、国公立系の大学のことかと思うんですが、





2016年あたりから東大、京大、阪大でもAO入試は始まりました(出願要件厳しいけど)。そしてこの流れはもっと大きくなる予定です。
↓↓↓
高校生新聞2017.7.20
「定員の30%に」 国立大学が推薦・AO入試を拡大する理由 難易度・日程は?
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/2004


となると、一回きりで終わる入試ってのはいまの大学入試の現状ではないと思うのですが、どうですかね。
試験を複数回やるメリット、デメリットをしっかりと吟味した上で、大学入試にメスを入れて欲しいですよね。特に日程なんか。




まさか政治家さんたちが自分の時代に受けた大学入試を念頭に置いて、入試改革しようとしてないよね。
(そもそも受験した?)

週末TOEFL受けます!

今月にTOEFLを受ける予定でして、1月の終わりから少しずつTOEFLの問題集をやってみてます!


これまで英検やTOEIC、IELTSは何度か受けているのですが、TOEFLはこれが初!なのでなかなか緊張しますね。


PC相手に話すのは、TOEICSWで一度やったけど、なんだか慣れないし。IELTSみたいに目の前に人がいて、たまに頷いてくれたり、アイコンタクトできたほうが不安が和らぐんだけどなぁ。


さてさて、TOEFL初心者のため、信頼できそうな書籍で勉強を進めているところです。

まずはやさしそうなものからやってみようということで、これ↓↓を一通りやってみたり、

CD3枚 赤チェックシート付 頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略

CD3枚 赤チェックシート付 頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略



TOEFLってどんな感じの流れなんかなぁってことを把握するためにこれ↓↓をやりつつ、

TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

TOEFL iBT(R)テスト 完全教本

  • 作者: ポール・ワーデン,四軒家忍,英語便
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る



ライティングはしっかりと書けるようになるためにこれ↓↓に取り組んだり。

新版TOEFL TEST対策iBTライティング

新版TOEFL TEST対策iBTライティング




いやー、めちゃくちゃ勉強になります。特にライティングが。



一応は英検1級でもライティングはまぁまぁ点数は高かったし、IELTSでも最低限W6.5とってたけど、



四軒家先生から見たら、ぼくのライティング力なんてハナクソでした。


今年一年はしっかりとライティングに取り組んでいこうと思いました 汗


TOEFL終了後に、各書籍については語りたい!!

オーストラリア生活(番外編)

さっそく、徒然なるままに去年の続きを…


ぼくがオーストラリアにいたとき、最初の一ヶ月はホームステイ、残りはシェアハウスで暮らしていました。今回はそのときのことを書いてみたいと思います。

ホームステイ
ホストファミリーは三人家族で、母・長女・次女。それに加えてそれぞれ香港・台湾の留学生と自分が滞在していました。ホストマザーはチェコからの移民らしく、たまに電話ではチェコ語を話したりしていましたね。また、英語は母語ではありませんでしたが、とても流暢だったので、ほぼネイティヴといってもいいのではないかという感じでした。強いて言えば、付加疑問文はいつも文法的には間違っていたけど、理解可能!

ただ、実は、あんまりホームステイにはいい思い出がないんですね。留学生たちはみんなひどい扱いを受けてました(*_*)

まず、
ごはんがちゃんとしていない 笑
こちらは週末分も高い食費を払っていたのですが、
毎週末の夜ご飯は3ドルほどの冷凍ピザを三人で分けるように言われていました。そして自分たちは外食など…
朝食は食パンとジャムのみだし(フツーか!)、夜ご飯はなぜかホストファミリーとは別のもの 笑
食べるところも別というくらいでしたからね!
そしてそれ以外は飲み食い禁止、必要なら自分で購入する、といった感じ。

どうやらその家庭は留学生を受け入れて、それを収入源にしているらしく、かなり僕たち留学生に対しては節約されましたね 笑

また、ホストマザーとあんまり話した覚えはありません。ハウスルールを教えてもらった初日以降、ほとんど家にいなかったり、ごはんあるから食べてくらい 笑
結局、一ヶ月のホームステイで、夜ご飯を一緒に食べたのは一度だけ!基本的に留学生三人でリビングで食事をし、家族の三人はバルコニーで夕食をとるという形式でした。一体あれはなんだったんだ?

ホームステイ先にいたのは可愛らしい姉妹でした。
娘1は15歳でたまに友達を連れてきて音楽をガンガンに鳴らしてましたものすごい迷惑…。そして娘2は8歳ほどで、一番相手をしてもらいましたね 笑
ただし、イタズラ好きなようで色々ものを持ってかれたり…。2×4=6といって、お母さんにつきっきりで、泣きながら算数教えてもらってた。

そういえば、ホストマザーがあまりにひどい対応だったので、台湾からの留学生が大学のホームステイコーディネーターにかなり文句を言ったらしく、その日だけはいっしょにごはんを食べたんだよなぁ。いままでなんも学校のこと聞いてきたことなかったのに、学校どうだった?とか、聞いてきたり、急にお菓子も出てきた 笑

とりあえずオーストラリア一ヶ月目はそんな感じで過ごしてたなぁ。すぐに次の家を探して 笑
次回はシェアハウスの話!

筆不精すぎて…

いやー、気づいたらほぼ一年が経過してました。せっかくブログ作ったのに忙しくて?全然更新せず。

また新しくブログ作ってもよかったんだけど(ちなみにこれは二個目)、もう面倒なので、このまま不定期でまた更新していきたいと思います。

これからちょこちょこ参考書や問題集のレビューなど出来たらいいかなぁ。

英英辞書アプリを買ってみました

物書堂から出ているオックスフォードアカデミック英英辞書のアプリを買ってみました。普段は3600円するそうですが、4/24までセールで半額の1800円だそうです!

オックスフォード アカデミック英英辞典

オックスフォード アカデミック英英辞典

  • 物書堂
  • 辞書/辞典/その他
  • ¥3,600

これまで、
紙の辞書 OLEX→滅多に使わない、
電子辞書→たまに使う、
weblio→たまに使う、
英辞郎 無料版→よく使う

とった感じで、あんまりちゃんとした辞書は使ってきませんでした。

おそらく紙の辞書を重視しているかたからすれば、びっくりされると思います。ぼくはあんまり辞書は使わないですし、そこまで生徒に推奨もしてません。

はじめて自分で買った辞書がアプリとは思いもよらなかった(笑)


内容としては
Oxford University Press (OUP)が出している英英辞典の"Oxford Learner's Dictionary of Academic English (OLDAE)"


さて、前置きは置いといて、さっそくダウンロードしてみました。


そんなぼくも、一つくらいはアプリでいいからしっかりした辞書を持ちたいなと思い、今回のセールに乗っかって買ってみました。

アプリはiPadiPhoneどちらにもダウンロードされ
iCloudで検索結果などの同期が可能なので、とても便利ですね。


そしてこの辞書は英語で論文を書く方や大学院留学などを目指している方に適していると思います。なぜなら例文が学術的なものが多いです。例えばarticleを検索すると、

f:id:kazu4133:20170328134149p:plain

上のような検索結果となります。


アブストラクトなどでよくみる表現ですよね。こういった、実際に論文などでどう使われるのかがわかり
やすいです。

これは大学や資格試験対策で英語を書く必要がある方や、教員などでアカデミックライティング、英作文を教えたい方にはぴったりです。


この他にも物書堂はこの他にも現在セール中です。辞書だけでなく、ターゲットシリーズやTOEICの金のフレーズなどなど。ぜひアプリでも英語学習をしてみてください!